お腹だけダイエットするためには


お腹の周りは最も早く脂肪がつき、最も脂肪が取れるのが遅い部分です。
気持ちよくへこんでいる常態を維持するのも難しいです。

男女問わず、多くの人がお腹周りの肥満を気にしています。
しかし、多くの人がお腹をへこませるためにまず腹筋をすると思いますが、腹筋をするだけではお腹はへこまないのです。

お腹の部分には骨がなく、内臓が多く詰まっていますが、現代人の多くはパソコンなどを使うため前傾の猫背姿勢になりやすく、そのため身体の重さが下へ下へと下がっていきます。そうなると骨盤が緩んで、内臓がすべて下腹部分に落ちてしまうのです。本来骨盤や腹部の筋肉が内臓が落ちるのを支えるのですが、姿勢の悪さのためにこの役割が果たされなくなってしまっています。

闇雲に腹筋運動をするだけではなく、背筋を伸ばし骨盤の歪み・緩みを直すことが、いい形でのお腹のへこませ方ということになります。背筋を伸ばして正しい姿勢を取る習慣ができると、身体の代謝がよくなるので腰痛や肩こりも改善されます。

カテゴリー: ぽっこりお腹から卒業しよう パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found